スタディサプリの返金制度の条件と手続きは?返信に少し時間がかかるけど返金できました!

こんにちは!あさぎです。

スタディサプリの受講支払い方法を12ヶ月一括払いにした場合、途中で解約する方もいるかと思います。

スタディサプリで途中解約した場合は、返金されるケースがあります。

今回はスタディサプリの、返金の詳しい流れを解説します。

ちょっと返金対応の返信が遅いので、返金する時の参考にしてみてくださいね!

スタディサプリの返金制度の条件

スタディサプリには返金制度があります。

スタディサプリ解約時に返金してもらえるかは、支払い回数によります。

返金ができるのは、12ヶ月一括決済をした時のみです。

  • クレジットカード払いで12ヶ月一括決済
  • コンビニ払いで12ヶ月一括決済

上記が対象となり、月々払いの場合は、返金制度はありません。

スタディサプリは12ヶ月一括払いを選択すると、受講料が2ヶ月分お得になります。

もしも教材が合わなくて解約することになっても、返金制度があるなら安心ですね。

返金を希望する場合は、学習Webアカウントの利用停止して「無料トライアル会員」の状態で問い合わせをしてください。

解約時の返金はいくら?

返金される金額を計算式で分かりやすくご説明します。

ベーシックコースで12ヶ月払いをした場合は、19,800円です。

3ヶ月で解約した場合の計算式はこちらです。

  • 19,800円ー(月額1,980円×3ヶ月)=13,860円

13,860円(税抜)が返金されることになります。

注意する点は、10ヶ月で退会した場合は返金金額がありません。

19,800円ー(月額1,980円×10ヶ月)=0円

このように、10ヶ月を超えると返金する金額が残っていません。

10ヶ月を超えてしまったら、12ヶ月目まで利用してしまった方がお得です。

スタディサプリの返金方法

スタディサプリは退会しても自動的に、返金がされる訳ではありません。

返金を希望する場合は、自分からスタディサプリに問い合わせをすることになります。

▶スタディサプリお問い合わせフォーム

 

お問い合わせ内容の種別から、

  • 利用停止・退会・返金について
  • 一括支払いの返金について

を選択します。

そしてお問い合わせ内容の記入で、「一括払いの残金の返金を申請します」という記載をすればOKです。

数日後に返金金額と返金方法などが記載したメールが届きます。

返金の連絡はいつ?

私が解約した時は7月31日に問い合わせメールをして、詳細の返金方法が記載されたメールが来たのが8月6日です。

一週間位かかると思って返信を待ってみましょう。

すぐに返金の連絡がこないため、不安に思う方もいるようです。

目安として一週間〜10日待っても、返信が来ない場合は再度問い合わせをしてみるのが確実ですね。

返金の方法はCASH POST

これまでの返金方法は、コンビニと銀行での受け取りが選べました。

今回私が返金方法を依頼すると、運営側からは「CASH POST」での返金になる、という回答がありました。

金融庁管轄の資金移動業者であるイーコンテクスト社が運営しているサービスです。

はじめて聞くサービスでしたが、金融庁管轄であれば信用できますね。

返金の流れはこちらです。

①CASH POSTにアクセスする

②メールで案内のあった、受付番号を入力する

③メールアドレス(登録時)・誕生日(子ども)を入力する

④金融機関を選択する(全国の銀行・信用金庫から選べる)

⑤口座の情報を入力する

⑥送金の処理がされる

これで数日以内に送金が完了されます。

返金の返信が少し遅い位で、なんのトラブルもなく返金処理をしてもらうことができましたよ!

まとめ

スタディサプリは12ヶ月一括払いした時に、途中解約した場合は返金制度があります。

条件にあてはまる方は、利用停止の状態で問い合わせフォームで返金を希望してください。

運営からの返信がやや遅いこともありますが、きちんと返金してもらうことができます。

授業料が月額1,980円で、返金制度がある教材はスタディサプリ位です。

無料体験講座もありますので、迷っている方はぜひ一度体験してみてください。

▶スタディサプリ2週間無料体験をするならこちらをタップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です