すららの評判や口コミはどう?無学年式でマイペースに勉強できて分かりやすい!

こんにちは!あさぎです。

今回は、無学年式を採用している通信教材「すらら」について体験談を通してお伝えします。

通信教材はたくさんありますがこどもの教材との相性でも、かなりやる気の度合いが違ってきます。

すららは、他の教材に比べて値段が高いのですが、その分「すららコーチ」や「AI搭載型ドリル」など、親と子どもをサポートしてくれるシステムが手厚いです!

我が家でも、家庭学習はタブレットや紙やら経験済ですが、「すらら」は、他の教材よりもこどもが理解しているか問いかけてくれる素晴らしい教材でした!

こどもとの相性が合えば、とてもよい教材だと思いましたのでご紹介させていただきますね!

通信学習すららとは

すららは、自宅で学習できるインターネット学習教材です。

2005年に研究がスタートし、ゲーミフィケーションを応用した「対話型アニメーション教材」です。

15年も前からeラーニング研究の大学教授や国・算・理・の講師と最先端の学習を研究しており、やっと時代がすららに追いついた、という感じがします。

運営会社情報はこちらです。

  • 会社名:株式会社すららネット
  • 設立日:2008年8月29日
  • 所在地:東京都千代田区内神田1丁目13番1号 豊島屋ビル4階
  • 資本金:2億7699万8080円
  • 事業内容:e-ラーニングによる教育サービスの提供および運用コンサルティング、マーケティングプロモーション及びホームページの運営

すららは、2012年度日本e-Learnig大賞文部科学大臣賞も受賞しており、教育関係者からの評価がとても高いです。

全国では、塾や学校を含めて約7万人が利用しています。

2020年4月から小学校3年生〜の理科と社会も増えて、ますますサービスが充実してきました!

すららの特徴

すららの特徴で、他社より優れているものを5つあげてみました!

個人的には、不登校でも「すらら」の学習実績で出席扱いになる、という特徴がすごいと思いました!

この情報を知っているだけでも、学校に行きたくない〜、というこどもに対して接し方が変わってきますよね。

それだけ学習効果も文部科学省に認められているということです。

無学年式でマイペースに勉強できる

無学年式とは、学年に関係なく生徒の学力に応じた学習をする方式です。

授業で分からないところが出てくると、その先に進んでしまうと、更に分からなくなってしまいます。

分からない勉強は楽しくないので、学習習慣が身につかず、学校にも行きたくない…という原因にもなりかねません。

すららでは、小学1年生〜高校3年生までの学習範囲から、自分が分からない単元までさかのぼって学習することができます。

3年生の割り算を理解するためには、2年生の掛け算ができていないと、つまずいてしまいますよね。

そんな時は、3年生でも2年生の掛け算の単元に戻って復習を何回でもすることができます。

もちろん、好きな教科はどんどん予習や先取り学習で、先の学年の内容を学ぶことができます。

対話型講義で集中力が続く!

すららの講義は、重要なポイントで講師が話しかけてくれるところがよいです!

質問を問いかけられることによって、こどもが飽きないようになっています。

一方的に説明されてもなかなか頭に入らないのですが、対話形式にすることによって、意識して音声を聴くことができます。

単元によって声優さんが違うのも、新鮮で楽しめると思います。

つまずいた部分をAIがサポート!

すららには、理解に合わせて自動調整をしてくれる「AI搭載型ドリル」を採用しています。

間違えてしまったところをAIが分析し、学び直す問題をドリルで出題してくれます。

こういった細かい分析は、親や家庭教師の役目でしたが、すららはAIによってサポートすることができます。

反復をすることで、ドリルの正答率は87.7%という結果が出ています。

学習の悩みはすららコーチに相談!

すららコーチとは、親が学習計画を相談したり、こどもとの関係に対してもアドバイスをもらうことができます。

学習の取り組み方は、家庭環境や子どもの性格によって個人差が出てきます。

親としても、教育関係のプロからこどもとの関わり方や勉強の指導方法を教えてもらえるので、とても心強いです。

学習計画や子供との関わり方の相談にのってもらえるサービスは、他にはありません。

不登校でも出席扱いになる

不登校でも「すらら」でオンライン学習することによって、条件を満たせば出席扱いになります。

不登校の生徒にとって、家での学習が認められれば、自信につながり学校にも復学がしやすくなります。

休んでいて授業から遅れてしまった場合にも、さかのぼり学習で復習をすることができます!

中学校は不登校でも、すららで学習することによってちゃんと志望の高校に進学できた!という声もあります。

「すらら」で学力が身について、出席扱いにもなるなら、学校にいかなきゃ!と無理に思わなくてよいので、ほっとする人も多いのではないでしょうか。

▶アエラの「すらら」のインタビュー記事はこちら

すららの口コミと評判

実際にすららを利用している人の口コミをSNSより集めました。

検索すると「すらら 最悪」という検索結果がありましたが、実際はそんなことはありません。

ちゃんといい口コミもありますし、どんなに良いサービスでも合わない人は少数は存在します。

すららの悪い口コミ

  • 個人導入になると月額8,000円。4教科あるし無学年式なのはいいのだけど、つらい…
  • 文字入力が思い通りにいかなくて、もうやらない、に…

 

すららは、対話型アニメーション式の授業で、子どもが飽きにくい工夫がされています。

他にもすららコーチなど学習計画のサポートなど、他の教材にない手厚いサポ−トがある分高い料金設定になっています。

親もこどももやる気で、基礎学力がしっかり身につくなら、塾に比べると8000円は決して高い料金ではないです。

文字入力が思いどおりにいかない、というのは他の教材でもありがちです。

文字入力がネックなら、映像教材や紙の教材を検討したいですね。

すららのいい口コミ

  • 小4の娘に体験版を勧めてみたら、分かりやすい、明日もやりたいと楽しそうにしていた。
  • 不登校だった子の方が端末の扱いに慣れてる?
  • 休校中は、市が「すらら」と契約をして無料にできるようになっている。オンラインだと復習も予習もできる。

すららでオンライン学習をしておくことで、学校でのオンライン学習が始まった時のタブレットの設定や操作などがスムーズにこなせるメリットもあります。

市がオンライン学習として積極的に取り入れてるということで、教材がきちんと評価されていることが分かりますね。

実際にすららをやってみた感想

実際にすららを小学5年生の息子に体験してみてもらいました!

そして、小学校5年生の「分数の大小関係」の授業を、私も一緒にやってみました。

講師が時々質問を投げかけてくれるので、それに対して答えを考えることで、話に集中できるようになっています。

早送りボタンがあるので、既に分かっている内容はとばせるところもいい感じです!

1つの単元に対して、10個の動画で分かれているので、時間が長すぎるということもありません。

答えを間違えてしまった時も、図解で丁寧に解説してもらえます。

子どもいわく「分からないところの説明がすごく分かりやすい!」という感想でした。

無学年式ということで、私が全く忘れてしまった6年生の算数「円とおうぎ型の面積関係」も受講してみました!

復習から問題をといた結果、見事に忘れていて回答することができませんでした…。

あ、もう算数の基礎が抜けてしまっているんだな、と痛感しました(笑)

それでも、講師の解説を聴きながら計算式を見ることで、きちんと理解をすることができました!

1年前の学年だけど、忘れてしまったからもう一度復習したい!ということも、「すらら」ならバッチリです!

すららの利用料金

すららは、受講するのにコースがぜんぶで3つあります。

1ヶ月あたりの料金をお得にするなら、4ヶ月継続にすると520円/月お得になります!

(※英語は中学コースから)

3教科(国・数・英)コース
入会金10,000円(税別)
毎月支払 4ヶ月継続
小中コース 月額8,000円 月額7,480円
中高コース 月額8,000円 月額7,480円
4教科(国・数・理・社)コース
入会金10,000円(税別)
毎月支払 4ヶ月継続
小学コース 月額8,000円 月額7,480円
5教科(国・数・理・社・英)コース

入会金7,000円(税別)

毎月支払 4ヶ月継続
小中コース 月額9,980円 月額9,480円
中高コース 月額9,980円 月額9,480円

他の通信教育と比べると、料金形体がやや高めです。

しかし塾にかかる費用の相場は月額8千円~1.7万円というデータがあります。(小学4〜6年生)

塾の費用に比べると、めちゃめちゃ高い金額という訳ではないんですよ。

すららでは、7月1〜31日まで入会金0円キャンペーンを実施しています!

0円キャンペーンは毎回実施している訳ではありませんので、ぜひこの機会にすららを試してみてください!

7月中は入会金0円キャンペーン!すららの申込みはこちらをタップ

すららを兄弟で受講する場合は?

すららは無学年方式なので、1つのアカウントで兄弟で受講もできるのでは?と思った方もいるかもしれません。

しかし、すららは一人につき1ID となっていますので、兄弟の場合は二人分の登録が必要です。

二人で学習してしまうと、すららの学習効果が出なくなってしまいます。

大変申し訳ありませんが、お1人様1IDとなっております。 すららは学習履歴が残り、履歴からお子さまに最適な学習設計を行います。 そのため複数人で学習されると本来の学習効果が出ませんのでご遠慮いただいております。 ご理解いただけますと幸いです。

二人目の入会からは、入会金が無料の特典があります。

一人目の入会が終わったら、下記のページから登録をして、1人目の生徒IDを備考欄にご記載すると、すららコーチも一緒に調整してもらえます。

▶「すらら」兄弟二人目の入会はこちらから

すららとスタディサプリを比較してみた!

無学年式の教材と言えば、「スタディサプリ」も人気があります。

すららとスタディサプリにはどんな違いがあるのでしょうか。

比較することで、メリットやデメリットがより分かりやすくなるので、表にしてみました。

すらら スタディ
サプリ
料金
(月額)
7,480円〜 1,980円
学習
サポート
×
学習範囲 小1〜高3 小4〜高3
メリット 相談
AI
サポーター
あり
一流講師が面白い
デメリット 料金が高い 映像授業に
飽きる

すららの一番のメリットは、保護者がこどもの学習計画で悩んだ場合に相談にのってくれる「すららコーチ」がいることです。

自主学習が身につかない・勉強ができないのは、親との関係や自分でも気づいていない特性が要因になっている場合があります。

すららは、そんな深い悩みや不登校の悩みにも、相談にのってくれます。

ある程度学習が軌道にのれば、AIサポーターがつまずいている問題を見つけ出し、反復して学習してもらうことができます。

スタディサプリは料金が安い反面、こどもが学習を理解しているかどうかは、親のサポートが必要です。

こどものやる気ももちろんですが、親がこどもの状況を把握したり、声掛けなどは必須になってきます。

こどもが勉強したよー!と報告があっても、理解しているかどうかは別なんですよね。

すららは料金が多少高いですが、学習面の悩みや、分からない部分のサポートをしてもらえる分、相性が合えばしっかり学力が身につきます。

7月中は入会金0円キャンペーン!すららの申込みはこちらをタップ

まとめ

すららは、無学年式のインターネット学習で、コロナの影響で休校中の学校や塾の代わりに導入した市も多い通信教材です。

小学校1年〜高校3年生までの学習ができるので、苦手な場所からさかのぼり学習、得意な分野は先取り学習もできます!

休校中は、家庭学習が上手くできなくて勉強した内容を忘れてしまった…。というお子さんも多いかと思います。

すららでは、学習計画を相談できるすららコーチや、こどもが飽きない対話型の講義など、勉強が楽しく続けられるアイデアがたくさんあります。

「いろんな通信教育を試してみたけど上手くいかなかった」という悩みも、すららコーチに相談することで現状を打開するアドバイスがもらえるかもしれません。

すららは、応用よりも基礎的な学力をしっかり身につけたい!という子どもにおすすめです。

7月1〜30日は入会金0円キャンペーンを実施していますので、この機会にぜひ検討してみてください!

7月中は入会金0円キャンペーン!すららの申込みはこちらをタップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です