【たのまな】webライティング技能検定講座の口コミは?初心者や実力を試したい人にも

たのまなのwebライティングコースはは、ライティング未経験の方向けの講座です。

この記事では、講座のリアルな口コミや検定の合格率をまとめました。

ライターは資格がなくてもできますが、基礎を理解していると文章作成がぐっと早くなりますよ。

▶webライティングコースの資料請求はこちらをタップ

目次

【たのまな】webライティング技能検定講座の特徴

2020年に入ってから、クラウドソーシングのサイトから仕事を請け負って働く人が増えています。

その中でも、ライティング(ライター)は、PCがあれば誰でも挑戦しやすいお仕事です。

webライティング技能検定講座は、ライティング未経験の人を対象とした講座です。

学べる内容
クラウドソーシングについて

業務の進め方

ライティングの基礎

SEO対策

テキストだけじゃなく、副業のセミナーもあります。

受講者はwebライティング技能検定の試験に合格すると、WEBライティング実務士の資格が与えられます。

【たのまな】webライティング技能検定講座のよくない口コミはある?

webライティングコースのよくない口コミをSNSやネットから集めました。

ライターに資格は必要ない

実際のところ、資格がなくてもライターになることはできます。

今はネットや本で、ライティングの情報収集ができるので、独学でも充分にスキルアップができます。

web上で仕事の経験があり、独学でもやっていける人なら、講座を受ける必要はないとも言えます。

内容の割に値段が高い?

webライティング講座は、受講費+試験料+合格証発行料で4万1千円がかかります。

受講するならこの費用を回収するつもりで仕事を受注させていきたいですね。

webライティング技能検定は、ライティング未経験の方を対象にしています。

少しでも文章作成やブログの経験がある方は、かかる費用の割に得るものが少ない、と感じるかもしれません。

添削がないので問題点が分からない

基礎知識に関しては細かく網羅されているので試験対策として効果があると思う。

ただ自分で作文することについては具体的な対策がないため添削してくれるなどのケアがあると良かった。

結局試験に受かっていないが試験でも一人一人フィードバックがあるわけではないのでどこが問題なのかわからない。

▶たのまな公式HP

講座には添削サポートがないため、自分の文章が適切かどうかは判断ができません。

ちなみに添削があるライター講座だと、料金が倍以上になってしまいます。

添削指導をしっかり受けたい方、しっかり稼いでいきたい方は、ライティングハックスという講座もあります。

▶ライティングハックスのHPはこちら

【たのまな】webライティング技能検定講座のいい口コミ

webライティングコースのいい口コミをSNSから集めました。

基本的なルールが学べる

講座では、文書のルールや主語と述語など、ライティングの基礎がしっかり学べます。

私はブログのコンサルをしてもらったので、文章は添削指導してもらっていました。

ライティングが全く初めての人なら、知識があった方が絶対に上達も速いです。

お金はかかりますが、必要な投資だと思えばOKです!

クラウドソーシングサイトで特典がある

webライティング技能試験に合格をすると特典があります。

クラウドソーシングのサイト「ランサーズ」では、クライアント向けのメールにオススメの人材として紹介してもらえます。

スキルや実績がない人よりは、資格があった方がクライアントにアピールができます。

自分の実力が分かる

講座の勉強で、自分がどの位ライティングの事を理解しているか、把握することもできます。

自分のスキルを資格として証明できると、自分の自信にも繋がります。

独学では基礎が抜けていることもあるので、一度確認してみてもいいですね。

他のライターとの差別化になる

webライティング技能検定に合格していれば、ない人よりも採用される可能性が高くなると思います。

ライティングの仕事を獲得するには、ライバルとの差別化も必要です。

【たのまな】webライティング技能検定講座の内容は?

webライティング技能検定の内容はまとめました。

講座名 webライティング
技能検定講座
学習期間 6ヶ月
費用 32,000円(税込)
教材 基礎編(テキスト・問題集)
実践編(テキスト・問題集)
特典 タイピング教本
添削 添削なし・質問あり

基礎編では、基本的なビジネスマナー、クライアントとのやり取りの注意点を学びます。

クラウドソーシングを初めて利用する人にピッタリです。

試験の前には、3回まで無料の模擬試験を受ける事ができます。

添削指導がないため、どこが悪いのか分からないのがデメリットです。

WEBライティング技能検定の難易度や合格率

webライティング技能検定は、毎月1回受験できます。

資格名称 webライティング実務士
認定団体 一般社団法人
日本クラウドソーシング協会
試験日程・会場 毎月1回(在宅)
受験料 6,000円(税込)
認定証発酵 3,000円(税込)
合格ライン 8割の理解

試験内容は、制限時間90分以内に基礎編25問、実践編25問、文章作成の実技試験4問です。

公式HPによると、合格率は47.1%です。

合格率が半分以下と結構難しいですね。

試験が不合格の際でも、どこが悪かったのは教えてもらえないため、自分でフィードバックする必要があります。

ライティング問題が重要となっているので、きちんと要点をおさえて、短時間で文章を作るスキルが求められます。

【たのまな】webライティング技能検定講座は副業セミナーもある

在宅ワークWORKスタートパック受講者には、スキルアップ実習や副業セミナーがあります。

仕事獲得のコツや確定申告など、知識があれば心強いですね。

副業セミナー 図解

資格を取って終わりではなく、ライターとして仕事を獲得できてこそ、意味があります。

クライアントのやりとりなど、初めてだと緊張するので、先に知っておくと本番でスムーズにやりとりができます。

▶webライティングコースの資料請求はこちらをタップ

webライティング技能検定講座は未経験の方でも分かりやすく学べる!

講座ではライティングの知識だけでなく、クラウドソーシングについてやビジネスの基礎も学べます。

未経験者向けの講座のため、経験がある方は無理して受けなくてもよい講座です。

webライティング技能検定講座はこんな方におすすめです。

  • ライティング未経験の方
  • ライターとして差別化したい
  • 基礎を学習したい

在宅ワーク初心者なら知っておきたい、クラウドソーシングの仕組み、ビジネスマナーなども学べます。

ライターになるためには、基本的に資格は不要です。

しかし、他のライターとの差別化や、自分のライティングに自信がつくなど、メリットが期待できます。

webライティング技能検定講座の資料請求は無料です。

費用や教材などじっくり検討してみてくださいね。

▶webライティングコースの資料請求はこちらをタップ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる